小アルカナ(ワンド・ソード・カップ・コイン)の占い上での意味

タロットの小アルカナには「ワンド・カップ・ソード・コイン(ペンタクル)」の4つのスートがあり、それぞれ四大元素の性質を持っています。

ねこちゃん

スートってなに?
スートとはトランプで言うところのスペードとかハートとか・・いわゆるマークやな。

フク先生

ねこちゃん

じゃあ四大元素って?
四大元素とは「火・水・空気(風)・土(地)」の4つの元素(エレメント)のことやね

フク先生

小アルカナに描かれた4つの元素

古代ギリシャやローマ時代には、この世のものすべてが火、水、空気、土の4つの元素で成り立っているという概念がありました。

この4つさえあれば万物すべてが作り出せると考えられていたんですね。

つまりタロットの小アルカナには、そんな四大元素の概念が盛り込まれて描かれているんです。

ということはもちろん、小アルカナを勉強する上ではそれぞれのスートがどんな性質、エネルギーを持っているのかを知ることがとても重要だと言えます。

それぞれのスートが持つエネルギーから想像する

ワンド(棒)・・火 
カップ(杯)・・水
ソード(剣)・・空気(風)
コイン(金貨)・・土(地)

※右から ワンド、カップ、ソード、コイン(ペンタクル)

 

ワンドは「火」です。

火からイメージするのは例えば、熱い、燃える、メラメラなどではないでしょうか。

ということからワンドが持つ性質は情熱・行動するエネルギー・生命力など、火に関連しています。

 

カップは「水」です。

水からイメージするのは例えば、あふれる、満ちる、流れる・・など。

水は感情のエネルギーです。
感情があふれる、気持ちが満たされる、感情に流されるという言い方をしますよね。

カップが持つ性質は気持ち・感情など水に関連しています。

 

このように、小アルカナはそれぞれのスートの性質と関連させてカードを理解することが大切です。

とくにマルセイユ版の小アルカナは絵から想像できないので、スートの性質から想像することが必須になってきます。

例えばワンド9だと、火が9なのでかなりメラメラ燃えていることが想像できますよね。
めちゃめちゃ熱意があるんだな、でも熱くなりすぎて逆にそれがしんどいかも・・とか。

これがワンド2だと、火が2です。
やる気はあるけどまだ熱は小さいからもしかしたら熱意が冷める可能性があるな・・とか。

 

大切なのはそれぞれの性質を理解してそこから想像することです。

もちろんそれはウェイト版でも同じですね。

カードの意味を暗記する占い方では、スートの性質を知らなくても占えますが想像が広がりません。

覚えたこと以外はわからないんですよね。

何よりもせっかくタロットカードを学ぶのなら、スートが持つ性質を知らずにいてはもったいないし意味がないとさえ思います。

小アルカナをつかって占うのなら、それぞれのスートの性質にも目を向けてカードを見ることをぜひやってみてくださいね。

 

<関連記事>

大アルカナと小アルカナの違いってなに?
タロット占いで小アルカナが示してくれることとは