大アルカナと小アルカナの違いってなに?

タロットカードには全部で78枚のカードがあり、そのうち大アルカナ(22枚)と、小アルカナ(56枚)の2つに大きく分けることができます。

 

大アルカナ

小アルカナ

大・小アルカナの違い

大、小と分けられるだけあって、実際大アルカナのほうが重要なカードです。

ある問題について78枚すべてを使って占ったときに、大アルカナが全然出ていない場合と大アルカナが多く出ている場合では、その問題の大きさも違うと言えます。

鑑定でもケルト十字という10枚のカードを引くスプレッドで占って、10枚中8~9枚が大アルカナということがあります。

78枚中、大アルカナは22枚なので割合でいうと圧倒的に小アルカナの方が多いのに、10枚のうちほとんどが大アルカナということですね。

そして逆に、10枚引いて一枚も大アルカナが出ないこともあります。小アルカナしか出ていない。

これらを比較すると、その人の人生にとってこの問題がどういう影響を持つかの大きさが違うと言えますね。

ただ、自分にとっての悩みや問題の大きさをあらわすということではないですよ。

本人はものすごく悩んでいるかとか大きな問題だと感じているかは置いといて、人生という大きな流れからするとこの問題ってどうなの?ってことですね。

すごーく悩んでいても実は人生を左右するような問題ではなかったり、それほど気にしていない問題でも実は重大な局面だったりするということです。

例えば恋愛ですごく悩んでいて、もうこの恋愛がうまくいかなかったら私の人生は終わってしまう・・くらい悩んでいるのに、カードを引いても引いても小アルカナしか出てこなかったらそれは

人生においてそれほど重要な恋愛ではなかったりするんです

そんな恋愛もありますよね。

これ実際に鑑定であった話なんですが、数か月後このお客様はケロッとした顔で

「今思えば本当に大した恋愛じゃなかったです~」

と、次の恋愛の相談に来られたということもありました^^

では、大アルカナだけで占ったほうがわかりやすいの?

タロット占いではカードを読むことがもちろん大事なのですが、このように大アルカナと小アルカナという分類から見てみることも実は大切なんです。

そこでよく聞かれるのが、大アルカナが重要なら小アルカナは必要ないの?ということ。

もちろん大アルカナだけでも占えますし、それで充分だとも思います。

だけど、大アルカナはざっくりと大きな視点での占いなんですね。

ということは少々大げさに出るということもあるんです。いわゆる「話を盛る」っていう感じ。

対して小アルカナは状況を示してくれます。

つまり

大アルカナで大きな視点から問題の本質を知って、小アルカナでどんな状況にあるのかを知る

78枚すべてを使うことでそういう占いができるのです。

そして、そういう見方がベストじゃないかな~と私は思っています。