禅タロット【過去生】カードの意味と解説

禅タロット 大アルカナ XVIII  過去生

「古いパターンを断ち切る」

 

大きな両手の中に、性別も時代も国も様々な人々が包まれています。

これは、これまで生きてきた過去生の自分が描かれたものです。

過去生というものがあるのかないのかは、本人の意識の違いで賛否あると思います。

私は現実的なほうなので、生まれかわりというものはあっても不思議ではないとは思うけれど、今世に生きていて過去生の影響を受けるということにちょっと違和感を感じるの・・(あくまで個人の考えです)

ですが、このカードではあるかないかは置いといて、とにかく「果てしなく繰り返されるパターン」(過去生やカルマ)に縛られていることをあらわしています。

自分の中のうまくいかないことや自信が持てないことから逃避して、過去生のせいにしていても解決はしませんよね。

なぜいつも同じことを繰り返してしまうのか?どうしてうまくいかないのか?

それは過去に原因があるのではなく、過去のせいにしていることに問題があります。

もう古いパターンは断ち切って今を見つめましょう。

 

禅タロットカード一覧へ戻る