禅タロット【幻想を越えて】カードの意味と解説

禅タロット 大アルカナ XX 幻想を越えて

「目の前のものに惑わされない」

 

まず目に入ってくるのは大きなチョウですね。

そしてチョウの向こう側に目を閉じた人が描かれています。

目を閉じているということは、そこにある景色は見えていません。
意識は内側に向かっています。

対して、チョウは外側にいます。

そして、ヒラヒラとあちこちに飛びまわり、どこに飛んでいくのかはわかりません。

だけどこの人物はチョウの羽ばたきに惑わされることなく、静かに目を閉じています。

外側で起きている出来事に惑わされず、自分の内側に向き合うことができているんです。

ついつい目の前で起きていることに振り回されてしまいがちだけど、それは本当に自分にとって問題なのか?

そんな目線に立たせてくれるカードですね。

 

禅タロットカード一覧へ戻る