占いに「当たる」を求めるのは幸せになりたいからで、当ててほしいわけじゃない

 

タロットのリーディングが難しい、できないという思いは、勉強中は誰でも何度かは感じることではないでしょうか?

何が難しくてなぜできないのかは人それぞれですが、大きな理由としてあるのが「当てなきゃいけない」という思いこみじゃないかなと思います。

 

ということで今回は「当てなきゃいけない」について、私の思いを書いていきますね。

 

 

占いって「当たる」というイメージがもう出来上がっているので、当然占う側も「当てなきゃいけない」と思っていて、その「当てなきゃいけない」に振り回されてしまっている人がすごく多いんです。

だけど、なぜ人は占いに当たることを求めるのかというと、根本にあるのは「幸せになりたい」だと思います。

幸せになりたい、現状を良くしたい、そのために当たる占いでその方法を教えてほしい
というのが本心のはず。

 

さて、ではタロット占いで幸せになる方法を知るためにはどうすればいいのか・・

それは「カードに出たことをそのまま見ること」。
自分以外の人を占う場合なら「カードに出たことをそのまま伝えること」です。

これってすごい当たり前のことですよね。だってタロットは幸せになるための道を示しているから。

それに、カードに出たことをそのまま伝えないということは、読み手の主観を伝えてるということで、これではタロット占いではなく人生相談です。

 

だけど、上述のように「当てなきゃいけない」という思いがあると、相手の話と出たカードに食い違いがあると感じると焦るんです。

だって当たってないから。

するとどうなるのか・・カードに出たことをそのまま伝えるのではなく、相手の話に合わせてカードを解釈するんです。「当てにいく」ってやつね。

だって当たってませんって言われたら困るから。

 

でもね、相手の認識と出たカードが食い違いがあってもそれは当然で、自分自身が気づいていないことが現れるからカードを引く意味があるんです。

だからこそカードに出ていることをそのまま伝える。そしてもし当たってませんと言われても

あなたの思っていることとカードは違うことを言ってるけど、この食い違いは何なんだろうね
ここに悩みの要因があるみたいだね

ということに目を向ける。

タロットってそういう役割だと私は思っています。

 

起こっていることを自分の目線、自分の考え方、自分の感覚で見つめても答えが出せない時に人は悩みます。

だからタロットという、自分とは離れた存在からの視点で問題を見つめることで、気づかなかったことに気づき、答えが出せるようになるんです。

 

それを、占う側が当てなきゃいけないという思いがあると主観が入ってしまい、せっかくのメッセージが届かなくなってしまいますよね。

 

占いをするのなら、当たってないと言われることを怖れてはいけない

本当に相手のことを思うなら、カードに出ていることをそのまま伝えること

私が師匠から教わったことで、今でも何より大事にしていることです。

 

それと・・そのまま伝えてもタロットって当たる!!

だからすごいんですよね^^