禅タロット【稲妻】カードの意味と解説

禅タロット 大アルカナ XVI  稲妻(サンダーボルト)

「壊れるものには理由がある」

 

大きな影で描かれたブッダに雷が落ちて、ハダカの男女が上方から落ちてきています。

何かが崩壊して、大きな衝撃があったことがうかがえます。

解説本では燃やされ壊され、粉々に吹き飛ばされた塔とあるように、このカードはウェイト版タロットでは「塔」に相当します。

自分がしがみついていたものが壊されることはとても不安で怖い状況かもしれないですが、背後にはブッダがいます。

これは無意味な崩壊ではなく、覚醒のためのプロセスなんです。

壊れていくものそのままに受け入れましょう。
壊れた先には新しいものがつくられますよ。

 

禅タロットカード一覧へ戻る