禅タロット【独りあること】カードの意味と解説

禅タロット 大アルカナ Ⅸ 独りあること

「自分を見つめるとき」

 

見た目は寂しそうな印象のカードです。

老人が暗闇に立っていて、目の前にポツンと光があります。

さて、この老人は本当に寂しいと感じているのでしょうか?

この人は、今、自分を見つめています。
それが必要な時だからです。

人に相談しても答えが出ない時もありますよね。

自分の進むべき道、問題の答えは自分の内側から見つかりそうですよ。

自分の中の光で暗闇を照らしましょう!!

 

禅タロットカード一覧へ戻る