タロット・塔(タワー)|カードの意味と解説

タロット 大アルカナ 塔

「痛みは伴っても必要な崩壊です」

 

地上から高く高く積み上げられた建物に雷が落ちて、燃え上がっています。

建物からは、人が投げ出されて落下しています。

そして、この人達が建物の中から何かをしたワケではなく、外からの影響(落雷)によって、いきなり壊されてしまったんです。

このカードは、一度崩壊してリセットしない限り、その問題は解決しないことをあらわしています。

ちょこちょこごまかしながらではもうどうにもならないんですね。

そして、その崩壊は外からやってくるので自分では止めようがありません…

このカードが出たときは何かが崩れる時です。

だけどそれは必要な崩壊。

もちろん多少の痛みは伴うかもしれませんが。

でもそこでリセットすることで、また新たに建物を建てていくことができるんです。

抵抗せずに壊れるものは壊れるままに受け入れましょう。

 

タロットカードの意味一覧に戻る