タロットの勉強をしようと思ったのはなぜですか?

ロットの勉強をしようと思った理由は何ですか?

この質問、けっこう聞かれます。正直「もうええやん」と思うくらい。

そして多分私もよく生徒さんに聞いてます。

でもどうしてなのかは人それぞれだし、占いを勉強しようとする理由に正確も間違いもないので、そもそも理由は何でもいいとも思います。

ただ、この質問に対する回答はざっくりと2つのパターンに分かれています。(当方調べ。当てにならないかも^^)

占いを勉強する理由は人によって様々ではあっても結局は

占いを「ツール」ととらえているか、「目的」ととらえているか

このどちらかに分かれていると思うんです。

占いを「ツール」ととらえるとは・・

ツールとはつまり「道具」ですね。何かを得るため(知るため)に使う道具、手段とも言えます。

自分が目指す目的はほかにあって、占いはそれを達成する「手段」という位置付けです。

例えば願望を実現するためとか、悩みを解決するためという目的を果たすための手段、道具というイメージですね。

だからタロットを勉強して占えるようになることは「手段」「道具」を手に入れるということになります。

では占いを「目的」ととらえるとは・・

一方で占えるようになることを「目的」に勉強する人もいます。

何かを得るために占えるようになりたいのではなく、占えるようになることそのものが「目的」です。

代表的なのが「すごいと言われたいから」「人の役に立ちたいから」というもの。

こちらは手段ではなく自分を満たすための「特技」を手に入れるためと言えますね。

 

ではどちらが多いかというと、後者です。圧倒的に。

なぜなら占いを手段とするなら自分で勉強しなくても、占ってもらえばいいからです。

今は占いの館や無料で占えるサイトもたくさんあるので自分で占わなくても間に合いますよね。

だけど占いが目的の場合は自分で勉強しない限り目的は達成しないので、必然的にこちらが多くなるのだと思います。

占いを目的にする根本にある承認欲求

「すごいと言われたい」「人の役に立ちたい」という思いの裏には、多かれ少なかれ承認欲求が潜んでいます。
※承認欲求・・誰かから認められたいと思う感情のこと

すごいと言われることや誰かの役に立つことで、自分を満たそうとするんですね。

もちろん上にも書いたように、占いを勉強する理由に正解も間違いもありません。

タロットを勉強しようと思った理由が「道具」でも「目的」でもやることは同じです。

カードの伝えていることをそのまま読む

ただそれだけです。

 

だけど、承認欲求が強すぎるとカードをそのまま読むということがなかなかできないんです。

「すごいと言われたい」という気持ちが強すぎると、カードから相手のことを読み取って「当たってる~すごい~」と言われることで自分を満たそうとします。

「当てたい」「スラスラ読む」ということに意識が向かっている状態です。

そうなると相手の話とカードが示していることに食い違いがあると、相手の話に沿ってカードを読もうとしてしまうんですね。

結果、カードをそのまま読むことができません。

また、「人の役に立ちたい」という気持ちが強すぎると、相手を喜ばせることや感謝されることで自分を満たそうとするので、「相手を変えてあげよう」「状況を良くしてあげよう」ということに意識が向かいます。

そうすると、常にポジティブな方向や相手の望みを叶えるためのアドバイスとしてカードを解釈します。

これもまた、カードをそのまま読むことができなくなるんです。

つまり人のことを占っていても、ベクトルは自分に向いているということです。

カードの世界観を理解すれば目的はどうでもよくなります

実は私自身も占いを勉強しようと思った理由は、突き詰めると人から「すごい」と言われたかったんです。

今思うと承認欲求の塊でしたね(≧▽≦)

そして生徒さんからの答えで多いのは「人の役に立ちたいと思った」です。

 

だけど、タロットを学んでカードの世界観を理解すればその目的はどこかにいってしまいます。

他者からの承認は必要ない、私は私だということを理解するから。

そしてタロットを学ぶということはそういうことです。

占いを勉強したいと思った理由は何なのか?その答えに正解はありません。

ただ、実際に占いをする上ではそこに自己承認を求めてはいけないんですよね。

自分の思いは封印して、カードをそのまま読むこと

これが理解できれば、タロット占いは簡単です。

そのためにもカードには世界観があるということ、その世界観を学ばなければ意味がないと私は思います。

カードを世界観で学べば、意味を必死で覚える必要なんてないということがよくわかりますよ^^