受講生の離婚事例2

 

前記事「受講生の離婚事例」の続きです

 

タロット講座の受講生のTさんは、ご主人との離婚を希望されていました。

だけど、本当に離婚したいのか、それとも本当は離婚したくないのか、実はまだまだ決断する覚悟ができていなかったようなんです。

というよりも顕在意識は離婚を望んでいても、潜在意識では離婚したくないのかもしれません。

人は気づかないうちに潜在意識を優先させてしまうので、このままでは離婚を望みながら離婚をしないという状態が続いてしまいます。

これではいつまでも前に向かってはいけませんよね。

 

だけどTさんはもうご主人と再構築するという選択肢はないらしく、でも離婚に向かって行動するつもりもない様子。

そこで先月に引き続き、講座ではご主人との関係について占ってみました。

その時に出たカードがこちらです。


スプレッドは馬蹄形です。

過去「ワンド2」
現状「ペンタクル10逆位置」
近未来「ラバーズ」

現状のペンタクル10には家族が描かれています。

家族がいて家もあり、お金もある、ペットもいる。
すべてそろった満たされた状態です。

だけど、これはその満たされた状態なのに満足していないことをあらわしています。
今あるものが当たり前になっているんです。

ということは、ご主人との関係で相手の嫌なところや結婚生活の不満な部分ばかり見てしまっているのかもしれません。

過去のワンド2からは、手に入れたものはしっかりあることがうかがえますがそこは見ていないようですね。

そして近未来のラバーズ。

ラバーズは「迷い」が描かれています。

男性は女性を見ていますが、女性は男性を見ずに、上を見て、天に選択を委ねているんです。

目の前にあるものをきちんと見ずに、どうしようか迷っているんですね。

これが近未来ということは、つまり、決められない迷いの状態が今後も続きそうだということです。

ここまでで、Tさんが自分の今の状態や、ご主人のこと、家族についてなど、目の前にあるものをきちんと見ていないことがわかります。

どうせこうだろう
こうあるべき

など、思い込みのフィルターを通して現実を見て、そしてずっと迷っているんですね。

しっかりと現実を見つめて決断すれば、未来がどうあってもそれは自分の選択の結果だからと納得できます。

だけど、この時点でのTさんは現実を見つめていないようです。

現実を見ていないから答えが出せないのか、答えを出したくないから現実を見ようとしないのか

両方ですかね・・

 

引き続きカードを見ていきます。

本質「カップキング逆位置」
環境「ソード6」
障害「ワンド7」

本質がカップキングということは、この問題には自分の感情をしっかり感じることが大切です。
喜びや悲しみ、そしてもちろん愛情も。

感情面が成熟した大人のカップキングのようになれるか、ですね。

ご主人とのことで、もうあきらめたと投げ出すのではなく、本当の自分の気持ちを大切にすることをカードは促しています。

そして、置かれた環境がソード6

ソード6はそっと逃げ出しています。

問題に向き合うことよりも、その場を離れることで問題を回避しようとしているんです。

ご主人の転勤を好都合に、会う回数を減らすことで現状維持しようとしている今のTさんそのままですね。

ただ、逃げられる環境にあるということなので、それも悪いことではないようです。

 

そして障害がワンド7(このカード、マジで夫婦関係によく出ます)

ワンド7は争いが描かれています。

自分は高い位置にいるので優位ではあるけれど、気が抜けない争いの最中です。

ご主人だけに原因があるのではなく、Tさんも戦闘モードで接していることが障害になっているのかもしれません。

 

夫婦関係は2人で作りあげるものです。

うまくいかなくなったとしてもどちらかが一方的に悪いのではなく、それは2人でそうなる関係を築いてきた結果だし、

自分がガマンすることでなんとか続けてきたということは、ガマンすることを選んだのは自分だということです。

それを相手だけに非があると思っているとしたら、そもそも目の前の問題から目を背けていることになりますよね。

何よりTさん自身が戦闘態勢では、ご主人も当然同じエネルギーを返してくるでしょう。
ご主人にも本当の自分を抑えてガマンしていることがあったのかもしれません。

Tさんも「そうかもしれません」と深く頷いていました。

 

そして結果に出たのは「ペンタクル5」

ペンタクル5は、見るからに辛そうなカードです。
寒い雪空の下、ボロボロの服を着た2人の人物がさまよい歩いています。

この人達には手を差し伸べてくれる人はいません。

辛くてしょうがないという状況でも、自分でなんとかしないといけないんですね。

結果がこのカードということは、今のままではTさんもこんな辛く疲れ切った状況になるかもしれないということです。

そして誰も助けてはくれない…。

ただ、タロットで出る結果はあくまで予想です。

このままいけばそうなる可能性が高いという、現状から見た予想。

ということは、現状を変えれば結果も変わります。

 

Tさんも今を変えればいいんです。

変えるのか、変えないのか、そして変えるのならどう変えていくか?

それはTさんが決めることですね^^

もうちょい続きます。

受講生の離婚事例<3>へ