タロット占いは偶然に意味がある占い

このブログを読んでくださっているということは、タロットには興味があるのだと思いますがほかの占いはどうでしょうか?

占いはタロット以外にも、占星術や手相、易などたくさんの種類があります。

占いには分類があります

占術(占い)は大きく分けると「命術」「相術」「卜(ぼく)術」の3つに分類されるのですが、タロットはそのうちの「卜術」に入ります。

西洋占星術、数秘術、四柱推命など生年月日や生まれた時間、場所などから運勢や性格、才能などを占う「命術」

手相や人相、姓名判断、家相など目に見える形から、影響や吉凶を読み取る「相術」

そして、タロットが含まれる「卜術」は、何らかの道具を使って、そこに偶然出たことから情報を読み取る占術です。

卜術は、命術のように生まれた時から決まっているものではなく、相術のように目に見える形があるのでもなく、道具を使ってたまたまそこに現れた「偶然」に意味を見出す占いです。

タロット占いは卜術「道具」をつかった占い

タロットの道具は「カード」です。

たまたま選んだカードに意味がある、無意識に選んで現れたカードが何らかの意味を持つということです。

偶然に必然を持たせた占い方だと言えますね。

そういったことから、タロットは潜在意識があらわれるとか、無意識の思い込みがわかると言われるのだと思います。

タロットに提示される未来は、決まった未来ではなく無意識が向かっている未来・・つまり、あなたの無意識が目指している未来です。

もし占った結果を見て、それが自分の望むものではなかったら自分の顕在意識と無意識は違う方向を見ていると言えます。

例えば、顕在意識は「成功する」と思っていても、無意識が「どうせ私は失敗する」と思っていたら成功する未来はやってきません。

そしてもちろんカードにも、うまくいっていない未来が提示されるでしょう。

だからこそタロットをただ「当たる」「当たらない」で見るのはやっぱりすごくもったいないですよね。

無意識からの情報を受け取ることでそこから未来を「当てる」のではなく、望まないものならそこから「変えていく」「つくっていく」ことができるんです。

占術にはそれぞれ特徴があって、それぞれ得意分野があります。

タロットを味方しようと思うのなら、この先どうなるのかを知るだけで終わらずに、無意識からの情報を受け取ったなら、今何をすればいいのかに目を向けてくださいね。

タロット占いはそのために使ってこそ、偶然に意味を持たせることができると私は思います(^^)