タロット・愚か者(フール)|カードの意味と解説

● タロット 大アルカナ 愚か者

「常識なんて関係ない」

 

ガケっぷちに立って手には白いバラをもった人がいます。

この人はどこかに旅立とうとしているのですが、こんな小さな荷物しか持っていません。

服は派手で鮮やかだけどボロボロですね。

旅立つのに荷物はこれだけ手には白いバラで、服はボロボロしかもガケっぷち。

そう・・この人は愚か者、アホなんです。

でもそれはあくまで周りで見ている人の評価で、「人から見ればアホ」というだけ。

この愚か者さんは、周りの目や意見にとらわれず、自由に生きている人です。

世間の常識とかこうするのが当たり前とか、普通はそんなことしないとか親から植えつけられた価値観とか

そんなこと全然どうでもいいと気付いた人なんです。

こうするべき
こうしないとダメ

そんな思い込みを手放して次のステージに進むときが来ましたよ。

愚か者が出たときは窮屈な枠からはみ出して、自由に旅に出ましょう。


<関連記事>

・フールのカードを理解する

 

タロットカードの意味一覧に戻る