占いに依存させないために必要なこと

 

占いが与える役割ってなんだと思いますか?

もしかしたら考えたこともないかも知れませんね。

だけど、大事なところなので今回は、そこをじっくり考えてみたいと思います。

 

占いが与える役割

 

これは大きく二分されます。

①自分が知りたいことの答えを外から与えてくれるもの

②自分で考え、自分の力で答えを出すための気づきを与えてくれるもの

さて、あなたの占いに対するイメージはどちらでしょうか?

ねこちゃん

圧倒的に多いのは①だよね

うん。だと思う

では1つずつ見ていきますね

 

①自分が知りたいことの答えを外から与えてくれる

どうすればいいのか、どちらにすればいいのか、など答えが決められない時に、占いに出た内容によって答えが決まります。

自分で答えを出すのではなく、占いに答えを決めてもらうということですね。

この場合、占いは「自分の外側から答えを与えてくれる」という役割です。

 

②自分で考え、自分の力で答えを出すための視点を与えてくれる

占って出たことを元に、自分で考えて答えを決めます。

自分の状況と重ねて、何のことを言われているのか、思い当たるのか、気付いているのかいないのかなど、自分自身に落とし込んで、考えて答えを出す

こちらは占いをもとに「自分で考え内側から答えを見つけさせる」役割です。

 

 

さて、文章にして読むとどちらが自分にとって「良い占い」でしょうか?

ねこちゃん

②だよね。自分のことなのに外側から与えられるのって違う気がする
文章にして比較するとそうだよね〜私の書き方もあるけど、それを差し引いても

キョウコ

 

占い依存を生むワケ

 

答えは自分で決めるものだと頭ではわかっている

なのに、占いには「答え」を求める人が多いんです。

 

それはなぜか・・

自分で考えなくていいから

 

答えを自分で出すためには、その問題に向き合い、考えることが絶対に必要ですが、それをしたくない(もしくはできない)

そして自分で答えを出したら、うまくいかなかった時に自分の判断ミスになってしまいますが、占いに決めてもらったら気持ちのどこかで責任転嫁できる

 

すっごいわかるんです。

悩んでる時って、早くその状態から解放されたいし、誰か決めて〜って思ってしまうものだし

後から自分を責めることはとても辛いことだから。

 

でも・・

人生って自分で考えて自分で責任を持つことが大事です

外側から答えを与えられると、自分に目を背けることになってしまいます。

それが顕著になるのが「占い依存」ですね。

 

私が占い師の駆け出しで占い館に勤めていたころ

週に何度も来て同じことばかり占う人や、次々と隣のブースに入っては、あれこれ占ってもらう人がいました。

占いに依存すると自分で考えることができなくなり、なんでも占いに決めてもらおうとするんです。

もちろんこれは極端な例ですが。

 

「考える」ということの大切さ

 

自分で考えることを避けてしまうと、何か問題があった時に

どうして彼女は・・上司は・・夫は・・
あの人は・・世間は・・

など、自分以外の人やものに対して疑問を持つようになります。

 

原因は自分の「外側」にあると思っているからです。

どうして今、こういう状況になったのかという「内側」に疑問をもたないんですね。

だから、答えを自分以外が決めてしまうことにも疑問をもたない。

 

自分で考えて答えを出すために占いを使う

 

私は占い師という立場ですが「自分で考える」ということを占いが奪ってはだめだと思っていて、講座の受講生にも常に

カードに出たことが答えじゃなくて、カードを見てそこから答えを決めるのは本人だよ

と伝えています。

 

特に自分以外の人を占う場合には

悩みを解消してあげなきゃ

と思いがちですが、この思いがあると答えを与えようとしてしまう・・

本当に相手のためを思うなら、自分で考えて決める機会を奪わないことが絶対に大切です。

 

そのために必要なのは、カードをそのまま見ること、そのまま伝えること

そしてカードが伝えていることから「どう感じるのか」「思い当たるのか」「どうしたいのか」など、自分で考えていくんです。

 

「タロットは答えを出してくれるのではなく、答えを出すための視点をくれる」

ぜひ心に置きながらカードを読んでくださいね。

依存を生まないためにも!!