タロットカードの意味に正解はあるのか。恋愛できますか?で「節制」が出たら

タロットカードの歴史をずっとさかのぼっていくと、タロットはそもそも占いの道具として作られたものではありません。

それが占いに使われるようになり、現在では占いのためにあるもののように思われていますが、元はゲームとして使われていたものだそうです。

今でいうトランプのようなものですね。

 

そして世界的に一番有名なウェイト版も、占いのために作られたものではありません。

これは作者であるアーサー・エドワード・ウェイトの、とある思想を込めて作られたカードです。

どんな思想なのかはここでは触れませんが、この思想を知ることがウェイト版を学ぶ上での第一歩目だと私は思います。

ねこちゃん

ここを知らなきゃ始まらないってこと?
そうそう。カードを読むとき、ここを知るのと知らないのとでは雲泥の差だと思うのよ

キョウコ

そもそも占いのために作られたものではないけれど、いつのまにか占いの道具として広まり定着していったということですね。

ということはですよ~

そもそも占いのために作られていないので、占い上でのカードの意味に正解はないとも言えます。

仕事ではこういう意味、恋愛ではこういう意味、と決まっているように言われたりしますが、実はそれは決まっていないということです。

何かを学ぶ時には正解があったほうがわかりやすいし、合っているという実感があるほうが達成感を感じますよね。

だからタロットにもつい正しい意味を求めてしまいがちですが、正解を求めることがかえってタロットのリーディングを難しくすることもあるんです。

 

私は恋愛できますか?という質問で「節制」

タロットの大アルカナに節制というカードがあります。

このカードを苦手だという声はよく耳にします。私もそうだった(=_=)

タロット本などに書かれている節制の意味は
バランスを取る、調整、中庸、順応
みたいな感じですね。ほどほどにする、とかもあったな~。

ではここで、よくある質問「私は恋愛できますか?」でカードを引いて節制が出た場合でみてみましょう。

これを意味であてはめようとするとちょっと難しくないですか?

「恋愛できるか?」で、バランス?調整?ほどほど?
あまりガンガン行かず、適度にアプローチすればいいってこと?
みたいな。

節制のカードは意味でとらえると曖昧なものが多いのでわかりにくいんです。
だから苦手とされがち

そこで恋愛で節制が出たらこういう意味、仕事で出たら・・、人間関係なら・・という決まった意味を求めるようになってしまうんですよね。

カードは意味ではなく、何が描かれているかを見る

タロットには絵があります。

そして、ウェイト版の絵には作者のウェイトさんの思想がギッシリ込められています。

ということは絵を見て占うことが大切です。

節制は、天使が何かと何かを混ぜ合わせている絵が描かれていますよね。

バランスとか調整とかの意味の前に、節制が出たら「何かを混ぜていく」ことが必要だということです。

そしてなぜ混ぜ合わせているのかというと、これまでのやり方ではもう通用しないから。

だからこれまでのやり方に違うものを取り入れていくという、混ぜ合わせをしているカードですね。

これを質問に合わせてみると、

恋愛がしたいのなら、今のままの自分やこれまでのやり方ではうまくいかないと言えますよね。

たとえ彼ができても、どうしてもうまくいかないとかいつも同じパターンを繰り返すとか。

だからこそ、恋愛に向けてこれまでとは違う要素を取り入れたり、自分の考え方を変えたり、なんらかの混ぜ合わせをするときでっせ!!

ということですね。

 

つまり、こだわっているやり方を手放して違うやり方をプラスすることで、新たなものを作っていくことが大切であり、どういう意味なのかという正解はないんです。

そこを正しい意味というものを探して、どんな意味になるのかということばかり気を取られるとわからなくなるなる・・

どんな絵が描かれているのか?よりも、この質問でこのカードだとどういう意味になるのか?という頭の中で考える占いになってしまうんですね。

だけど、そもそもカードの意味に正解はない・・

正解のない意味を探すことよりもそこに何が描かれているのかに目を向けることができれば、タロットは意外と簡単です。

頭の中で暗記した意味を探す占い方をやめてみれば、占い方への視点は変わりますよ!

 

<関連記事>

タロットカード解説(節制)