タロット占いにカードの意味の暗記はいりません

タロット占いを学ぶというと、カードの意味を知ることや質問に合わせてカードを見る方法を知ることだというイメージはありませんか?

実はこれって思い込みです。

タロットはカード一枚一枚が持っている世界観があります。
そしてタロット占いを学ぶには、この世界観を理解することが大切なんです。

カードのキーワードを覚えてもなかなか占えるようにならない

私も最初にタロットを独学で本を読んで勉強していたころは、カードの意味を必死で暗記していましたし、そういうものだと思っていました。

最初に通ったタロット講座の先生も、テキストは意味を覚える暗記方式のものだったので、カードを読む練習ではそのテキストを見て、たくさんあるキーワードの中からどれを当てはめるかに頭を使ったものです。

でも、そのころはたくさんのキーワードを覚えることがタロット上達には必須だと思っていたので、キーワードが知りたくて講座に通っていたような感じでした。

だけど、キーワードを覚えても覚えても、なかなかカードを読めない。

展開されたカードに対して、頭で覚えた知識を探しながらのリーディングになるので、恋愛ならこうだけど、仕事のことだからこっちの意味になるよね・・みたいな模範解答を探してしまうんです。

例えば、女教皇と女帝。


 
最初に教わった先生は恋愛で占った場合、女教皇が出たらまだ清い交際、女帝が出たらもう経験アリっておっしゃってました。

まぁこれは極端な例ですが・・
 
ほかにも「運命の輪」が出たらチャンスとか「太陽」がでたらうまくいくとか・・

だけど、だんだん疑問を持つようになってきたんです。
 
これでいつかはリーディングできるようになるの?って。

それまではタロットを上達するにはキーワードをたくさん覚えて、どの意味を当てはめるのかを見極めることが大切だと思ってました。
 
その見極める力が、カードを読める読めないに直結していると思い込んでたんです。

自分以外の人を占っても目の前の人を見ないで、頭の中のキーワードを思い出すことばかりしていました。

同じような経験をしている人は多いかもしれませんね。

タロットの学びで大切なのはキーワードではなく「絵」そのもの


だけど疑問を感じ始めると、キーワード重視の占い方では肝心のカードと、何よりも目の前の質問者が置き去りになってるように感じたんです。

そして、一からカードについて勉強することにしました。本格的に!!
 
タロットの世界観をきっちりと、且つ楽しんで勉強したいと思ったんです。

そして、今現在、あの時の私の選択、考えは間違ってなかったと本当に思います。

タロットを学ぶということは、カードの意味を覚えることではなく、カードに描かれている絵について学ぶことであり、世界観を理解することだと知ることができました。

世界観を知らずにキーワードばかり覚えようとしていたから、カードが読めなかったんだということにも気づきました。

キーワード重視ではなくあくまでカード重視!

そのためにも、カードの意味よりも絵をしっかり見ることが大切です。

せっかく絵が描いてあるのに、ここを学ばないのでは意味がありませんよね。

カードにはどんな絵が描かれているのか?
こちらからご覧いただけますよ。

タロットカード一覧